出産してから体質が変わったのか、生理前症候群に悩まされるようになりました。

出産してから体質が変わったのか、生理前症候群に悩まされるようになりました。

以前は、生理の初日と二日目に下腹部痛と腰痛がある程度で、その二日間に無理をしなければ体調不良も起こさなかったのですが、産後に生理が戻ってからは、予定日の一週間前から下腹部痛が始まり、体の火照り、下痢、頭痛といった症状がずっと続きます。

葉酸を飲んだせいでしょうか?ミオイノシトールを飲んだせいかもしれません。

どれも我慢できないほどではないのですが、ずっと体が重い感じで仕事や家事をする上でとてもストレスになり、イライラしてしまいます。こういった症状は早い時は一週間以上前から始まるので、排卵痛もある私は一月の半分くらいは不調に悩まされています。

はじめは若年性の更年期障害を疑ったりして婦人科を受診したのですが、特に異常はないとの事で、症状を緩和する漢方薬を処方されました。毎月の事だし、異常がないと言われたので今は自分の体質だと思い受け入れています。

実感として、体を冷やすと頭痛、下腹部痛が悪化するようなので、生理の前は暖かい季節でも冷たい飲み物は控えたりして、体を冷やさないよう気をつけています。

保湿ケアで毛穴悩みゼロ

毛穴に関するトラブルは洗顔で解決するように思われがちですが、実は洗顔後の保湿が重要になってきます。
毛穴汚れを落とすことも大切ですが、保湿ケアをしっかりすることによって、肌細胞をより健康な状態へ導き、毛穴の目立たないふっくらとした肌になるのです。

洗顔料による洗顔は、皮脂や汚れを落としてくれますが、やりすぎると肌表面に必要な菌や潤いまで落としてしまいます。
すると、肌はもっと自分自身を潤そうとして過度に皮脂を分泌します。
過度な皮脂分泌はニキビや肌荒れの原因となり、それを気にすることによってさらに洗顔回数が増え、肌は乾燥肌へと傾いていってしまうのです。
乾燥した肌はそれぞれの肌細胞が貧相で、潤いを貯めこむ力がありません。
当然、毛穴は広がり、キメも荒くなってしまいます。

保湿ケアで大切なのは洗顔料による洗顔を一日一回、もしくは洗顔料は使わずぬるま湯のみの洗顔へ切り替えます。
そしてその後に刺激の少ない化粧水やクリームでしっかりと保湿します。
一見、単純すぎるように思えますが、この繰り返しが毛穴の目立たないふっくらした美肌へのカギなのです。

雲の安らぎ収納.xyz
yokone2評判.xyz
ケノミカ評判.site
マイナチュレ育毛剤口コミ.site
モットンマットレス価格.site
プロアクティブお試しキャンペーン.xyz
ハリジェンヌ効果的な飲み方.xyz
ブライトピュア使い方.site

やりすぎると逆効果な「毛穴パック」

アラフォーになってから、毛穴のつまりに悩んでいました。
それまでは、毛穴で悩んだことは、にきびが出ていた高校の頃くらい。新陳代謝の衰えなんだろうなあ、と思いはしましたが、気になって仕方なく、毛穴パックを使っていました。

スーパーなんかで売っている、値段の安いものを使って、鼻の周りを処理すると、はがしたものに、ビックリするぐらいの角栓がびっしりついてきます。これって、見たときの「うわっ!」が快感!だけど、使用後に鏡をよーくみたら、まだ、黒ポツが残っている!!

コレに気付いてしまう時になってついつい、いじってしまうし、手触りがざらついた感じのところがあると、ついつい、処理したくなってしまいます。

私の場合、Tゾーンは少し皮脂が多いのに、そのほかのところは乾燥気味で、バランスが悪い肌です。毛穴パックをして、小鼻周りの角栓が除去されると、その時はスッキリと気持ちがいいのですが、その後、今度は詰まっていた毛穴から一気に皮脂が分泌されてべたべた。
それを何とかしようと洗顔すると、Tゾーン以外はカサカサ。

気になって頻繁に毛穴パックをしてしまうと、黒ポツは減るものの、皮脂のアンバランスはひどくなります。しかも、あまり毛穴のつまり解消ばかりを気にしていると、今度は乾燥部分の毛穴が開いてしまい、パックの刺激で肌荒れが・・・

毛穴をキレイにしたくて、肌荒れをひどくしているのでは意味がありません。

結局、「毛穴まできれいに落とせる」という洗顔剤を色々と試してみて、毛穴パックをお休みすることにしました。洗顔も泡洗顔を徹底したら、毛穴もch人で、小鼻もつるつるです!

リジュン育毛剤口コミ.xyz
ca101白髪.xyz
マイナチュレサプリ副作用.xyz
ボストンサプリ効かない.xyz
ポリピュア効かない.xyz
からんさ白髪.xyz
リリィジュ効果なし.xyz
モットン重さ.xyz
モットン評判.xyz

内蔵にも休暇を。

断食と聞くと、どうしても宗教行事などを思い浮かべてしまいがちですが。実はこの断食にはすごい効果があったのですね。さすが長い年月をかけて伝えられたことだけある。もう少し古の人の知恵を学びたいものです。
断食には自然治癒力というもので、だいたいの病気を治してしまうという、信じられない力を秘めているのですね。昔の人はそうやって病気を直し、精神を鍛えてきたのでしょう。頭が下がります。でも、この断食、最近になってかなり人気なのですね。 
断食の効果はいくつかありますが、そのうちの1つには内臓を休ませる、というものがある。なるほど、何も食べなければ、内蔵はゆっくり休むことができますからね。考えてみれば、日頃から内蔵を忙しなく働かせていますから。
人の胃というものは、食べ物を入れると大きくふくらみ、消化が終わるともとの大きさに戻るけれど、間食をすると休む間もなく、胃はもとの大きさに戻れなくなり、胃拡張などになってしまいます。これはいけませんね。ゆっくり休ませてあげないと。

食べなかったらたまたま・・・

腸内洗浄が流行ったときの体重の増減を知っていますか?
なんとお腹の中にはどんなに下剤や浣腸で出した後でも2kgは残っているらしい・・・。つまりほとんどの人間は大きい方をした後でも2kgはまだ落ちる!という訳です。
そんな訳で手を出したのが断食。私の場合は親とケンカしたのが発端で「もうご飯いらない!」となったので、ダイエットと言えるかはちょっと微妙ですが。でもまあ、ともかく断食した訳です。
知人から断食して三日もすると、お尻から緑色の物体が(宿便ってやつですね)出ると聞いていたので、私も出るんだろうなあと思っていました。それが甘かった!
私は一日に水分をかなりとるので、まず一日目の便が非常に柔らかくてピーピー。6lも水を飲んでればそうなるのは目に見えていたはずなのに、水ダイエットと同時進行してしまったんですねえ。
二日目はもう、お尻から水がでる状態。でもまだ茶色い。緑ではない。ということはまだお腹に残ってる・・・?と思い続行。
なのに三日目にはなんと色のついてない水がお尻からひっきりなしに出るようになってしまいました。もう宿便どころの話じゃない!水なんでちょっとの刺激でもでるため、トイレにこもりっぱなし。
親が白旗をあげたと同時に私もホッとしてご飯を食べる生活に戻りました。
断食ダイエットは確かにお腹が綺麗にはなると思います。実際体重も3kgは落ちました。すぐ戻りましたが。しかし!人間お尻から水が出るようになってはおしまいです。トイレから移動ができません。せっかくやせてもデートにも行けません。そのため、水ダイエットとの同時進行だけは絶対にやめた方が良いと助言させて頂きます。